SENKYO NO MAENI BOOK GUIDE

​"I SCREAM CLUB"による
「選挙の前に、色んな本を読んでみた」ブックガイド

by "I SCREAM CLUB"

 なんだか世の中、色々オカシイ。そう感じていた時にやってきた、新型コロナ禍。そして、気づけば迫る、次の大きな選挙。

 「自分は今まで、大人としてあまりにも、何も知らなすぎた。今の日本が抱えている色々な問題や争点のこと、今からでも、基本から知っていきたい!!」と反省と焦りの念に駆られ、『Hope Notebook』を作るにあたって、まずは色々な本を読むことから始めました。

 その過程で思ったのが、「すっごくいい内容が書いてあるのに、文章や用語が難解なためにとっつきづらく思えてしまう本って、結構ある気がする、、、」ということ。

 もちろん、何でもかんでも「もっと簡単なものを」と求める風潮は、結果的に世の中の文章や思考の平均的な質を下げかねない、とても危険な流れだと思います。難解な言葉で初めて表現できる事もあるでしょうし、またそれは書き手のスタイルのという大切な問題でもあり、「難しい文章に少しずつ慣れていくことで読む力は伸びていくのだから、わからないという人に合わせてばかりでは、際限のない読解力低下につながる」という考えも、これも、理解できます。

 しかしながら一方で、「それはもちろんそうなんだけど、いいことが書いてあるのに『むずかしくて読みづらい』という理由だけで読む人が限られてしまい、その結果、せっかくのメッセージが伝わる人が少なくなってしまうとしたら、それは勿体なくないだろうか?」とも思えてしまいます。

 実際、お恥ずかしい話、自分も選挙まで時間がないという焦りもあって、おまけに色々なことの基本的な知識が欠けているものだから、申し訳ないと思いつつも、「手っ取り早く本質が理解できて、わかりやすくて、すぐ読める本」という

めちゃめちゃワガママな基準で本を探してしまいました…。

 しかし!世の中には、「探せば、そんなありがたい本は色々ある!!」という思いでして、特に「児童向け、ヤングアダルト向け」の本の中には、そんな「わかりやすい上、これって、むしろ大人にこそありがたいではないの!!」と感激する本がたくさんあって、非常に助けられました。

 

 そして思ったのが、「意外に、自分と同じような思いをかかえている人って、ほかにもいるんじゃないかな?」ということです。

 

 個人的なブックリストですから、当然偏りはあることでしょうし、まだまだ私が知らない素晴らしい本の数々が、他にも山ほどあることでしょう。

 ですが、そんな私が助けてもらった本の数々を皆さまにシェアすることで、もし少しでも同じように「時間がない!でも色々知りたい!」と悩みや焦燥をかかえている人に、何がしかの参考になることでもあれば、、、。

 そんな思いで、『Hope Notebook』の「サブ読本」的なイメージで製作したブックガイド です。

​ タイトルにあるとおり、「選挙の前に」はもちろんのこと、「選挙のあとの、その向こう」を考えていく上でも、参考になるヒントが詰まっている本を、いっぱい紹介させていただきました。

【仕様】
・10cm x 21cm(広げるとA3、両面印刷)

・紹介している本の数 50冊以上(うち42冊にレビュー付き)

< おもに、こんなことについて読んでみました >

・政治・社会問題全般 /・選挙・民主主義って?/・そもそも、国ってなに?/・選挙・民主主義って?/・経済格差 / ・歴史を知ることの大切さ/・私たちができること / ・考え方の枠を広げる /・地域の力 /・ジェンダー/・環境・エネルギー/・日本の食と農の未来/・教育

​<著者>I SCREAM CLUB

【予定上代価格】

​ 400円(税込)